クリニック案内

大規模病院での経験を活かし 高い専門性と患者さんに寄り添った治療を提供する

院長の挨拶

地域に根ざした「街のお医者さん」には幅広い分野の見識と治療が求められます。
私はこれまで数多くの大規模病院に外科医として勤務し、研鑽を積んできました。そこでは専門の心臓外科だけではなく、循環器系の疾患で苦しむ多くの患者さんと向き合い、外科と内科の両方からアプローチした治療に携わってきました。
そんな私が大切にしていることがあります。「手を当てる」ことです。診察時間は少し長くなってしまいますが、「もしものことがあっては」と不安を抱いてくる患者さんの顔をみるとやめるわけにはいきません。実際、数少ないですが、データからは読み取れない「病気」や「異変」に気づくことがあります。そのたびに「手当て」とは言い得て妙だなとつくづく感心します。
ねや内科クリニックは地域密着型の診療内科です。「内科」と謳っていますが、もともと心臓外科が専門ですので外科的なアプローチも得意としています。狭心症や心不全などの心臓疾患はもちろんのこと、子供の風邪や腹痛、高齢者の生活習慣病や花粉症などにも対応しています。ぜひ、お気軽にご来院下さい。

院長 禰屋 和雄

院長の経歴

昭和59年3月 東京大学医学部卒業、医師免許取得。専門は心臓外科。
マサチューセッツ総合病院のハーバード・メディカルスクールにて、約1年心臓外科のリサーチフェローを行い、研究論文を海外在中に提出する。
その後、埼玉医科大学第一外科、大宮赤十字病院(現さいたま赤十字病院)、公立昭和病院などに外科医として勤務する。
帝京大学心臓血管外科准教授、済生会川口総合病院循環器内科を経て、平成23年9月13日に「ねや内科クリニック」を開業し、現在に至る。

院内の雰囲気・設備

外観

勾配が急な板橋区徳丸ですが、当クリニックは平地にあります。23台分の駐車場も完備しています。

 

待合室

太陽の光の射す、開放感と清潔感のある待合室。毎年買い足している絵画が心を癒してくれます。

 

受付

明るい受付。丁寧な応対と笑顔でスタッフが迎えます。

処置室

感染対策を徹底した処置・検査室。心臓の超音波検査や血糖値検査など、最新機器を設備しています。

 

診察室

雑多な印象にならないようポスターなど一切貼っていません。

 

化粧室

広々とした化粧室です。バリアフリーに対応しています。

当クリニックの特徴

大規模病院での豊富な経験と実績

長年にもわたって大規模病院で培ってきた外科医としての経験はともて有益です。内科的な診察を行った結果、外科手術の必要性が判明することも多々あるからです。
そうした急を要する場合でも、病状や手術の詳細を正確に説明することができます。

15分後にわかるHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)と血糖値

糖尿病の初期段階は自覚症状がないため、発見が遅れるケースがほとんどです。
そこでHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)の検査と血糖値を同時に測定することで、血糖管理の質を高めることができます。HbA1cとは、赤血球の中にあるヘモグロビンと糖の結合の割合のことです。
当クリニックでは、このHbA1cの数値を測定する装置を導入しています。検査結果がわかるまでの時間はたったの15分。検査当日に過去1か月から2か月の血糖値の平均値を知ることができます。
専用の細い針を使って血液採取をしますので“チクリ”とした痛みがありますが、一瞬です。糖尿病でない方は糖尿病の早期発見・予防のため、既に糖尿病を患っている方には効果的に経過観察を行える機会として好評です。

月に一度の移動CT車での検査

月に一度ですが、高精度のCT検査機を搭載した移動CT車が巡回します。そのため大規模病院で受けるような検査を当クリニックで受けることができます。

さまざまな医療機関との連携

患者さんに最善の治療を提供するため、当クリニックの院長は現在も帝京大学医学部で非常勤講師を務めながら最先端の医療情報をチェックしています。

23台分の駐車スペース

糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病に悩む高齢者の通院には、どうしてもご家族の送迎が求められます。
そうした方々にとって駐車スペースを探す時間はストレスになってしまいます。当クリニックでは、敷地内に23台分の駐車スペースを確保しています。車でもタクシーでも安心してご来院できます。