クリニックニュース

2015.02.02更新

インフルエンザが流行っています。年末から1月にかけてはA型インフルエンザが主流でしたが、実はA型には数十種類のウイルスがあります。主に流行しているのはA/H3N2(A香港型)と、A/H1N1 2009(2009年の新型インフルエンザ)ですが、毎年少しずつ姿を変えています。ウイルスの表面抗原が違うと、それに対する抗体も変わってきます。A/H3N2とA/H1N1は違うものなのです。片方のA型インフルエンザにかかっても、もう一方のA型インフルエンザに対する抵抗力(免疫力)は獲得できないので、再度別のA型インフルエンザにかかることがあるのです。罹患する前と同じような注意が必要です。やはり、マスク着用帰宅時の手洗いが大切です。

 

投稿者: ねや内科クリニック