クリニックニュース

2014.07.10更新

今回は、糖尿病についてお話ししましょう。
糖尿病は文字通り「糖が尿に出る」ことから名前がつけられました。いわゆる尿糖陽性ですが、「血糖が高い」のがそもそもの原因です。血液中の老廃物を、腎臓というフィルターを介して尿に捨てている訳ですが、このフィルターが実は二枚腰なのです。一つ目のフィルターでは、赤血球や白血球といった細胞成分と、大きな分子の蛋白質が引っかかり、糖は網の目をくぐって原尿(尿の元)に出てきます。二枚腰の腎臓は、原尿に出てきた必要な物質を「再吸収」しています。ナトリウムやカリウム、カルシウムといったイオンや小さな分子の蛋白質とともに、糖分も再吸収されて無駄に尿に出て行ってしまうのを防いでいます。ですから「原尿」には、みんな糖が出ているのです。ところが「糖尿病」の人は異常に血糖が高いので、原尿に出てくる糖の濃度も高くなり、二枚腰の腎臓もそれを全部は再吸収しきれずに、尿に糖分が出てきてしまうのです。・・・・・続く

投稿者: ねや内科クリニック

entryの検索

カテゴリ