クリニックニュース

2014.12.11更新

夏に『デング熱』が流行し、秋には西アフリカ発の『エボラ出血熱』が世界を震撼させました。12月に入り、いよいよ東京近辺でも真打登場です。そうです、『インフルエンザ』が流行の兆しを見せています。ニュースでは、例年よりも流行が早いと言われていますが、徳丸・四葉・西台の地区は逆に昨年よりも遅いペースのようです。というのも、昨年は11月中旬に徳丸8丁目にある紅梅小学校で学級閉鎖となるほどの流行があり、ご記憶の方も多いかと思います。
 「インフルエンザが流行し始めた」というには、一医療機関で、一週間あたり、患者一人がいることとされています。定点観測といって、クリニック・診療所をいくつかピックアップして毎週統計をとっています。板橋区では36の施設が定点観測施設に指定されています。医師会を通じて、その集計結果が通知されますが、2-3週前の情報となっています。11月中旬ではA型が9人でした。36施設ですから、合計36人以上の患者さんの報告がないと、「流行が始まった」とは言えないのです。
 ただし、ねや内科クリニックでは、12月の第1週(1日~6日)に一人、第2週(8日~10日)に二人の患者さんがいらっしゃいましたので、一施設あたり、一週間に1.5人となり、「流行が始まった」と言えるかもしれません。年末になり、忘年会やクリスマス会など、繁華街で沢山の人と交わる機会が多くなります。くれぐれもご注意下さいね。

投稿者: ねや内科クリニック

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ